2019年01月07日

自己変革でスタート 2019「心の健康づくりセミナー」

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、今年も1月5日、仕事始めにあたり、午前中は菟橋神社(うはしじんじゃ)より宮司さんにお越しいただき、安全祈願を執り行いました。
毎年、年初は機械設備等を念入りに点検します。また、昨年を振り返りながら、新たに資格取得の目標を立てたりする時間を取っております。

そして、今年は更にメンタルトレーナーのK子智代先生にお越し頂き、午後から「心の健康づくりセミナー」を開催いたしました!
DSCF9880.JPG

DSCF9890.JPG

DSCF9883.JPG

DSCF9888.JPG

メインはエゴグラムという自己分析で、自分の特徴が分かり、ストレスの傾向と対策を学ぶ研修でした。
エゴグラムの難しくみえがちな理論もサザエさんファミリーのキャラでたとえて説明されたり、ペアやグループになりながらワークをすすめ、わいわいガヤガヤと楽しく学ぶことができました。
他人から思いがけない評価を得たりして、いいところは更に伸ばすプラスのイメージで自己改革の糸口を発見できたりしました。
お互いに相手の心を思いやるコミニュケーションの大切さを学ぶこともできました。年初よりいいスタートがきれたと思います。

posted by terakoh's bloger at 22:04| Comment(0) | 社内行事

2018年12月28日

テラコーの2018 重大ニュース

平成最後の年末にあたり、この1年を振り返り、カウントダウン形式で4大ニュースをまとめてみました。

では、さっそくいってみましょう!

第4位 「H型開先加工機の更新」

今年も生産性の向上を目指し、数台の大型機械の更新や新規の設備の導入をいたしました。
そのうちの一つが、10月に入った新型のH型開先加工機です。
近年増えている大型部材に自社対応すべく導入いたしました。それまで大型のものは、外注に出すか、溶断など手動で対応していましたが、幅1000mmのH形鋼の開先加工が可能になったので、品質の安定はもとより、自動送り機をつけて生産性があがり、更に刃を取り替えることなく加工できる機能もあるため、納期対応の向上が図られました。


続いての第3位は・・・・・
「ボランティア活動用ユニフォームの採用」です。
本年6月より目に馴染みやすいグリーンを下地に当社のロゴを背中にあしらったウィンドブレーカーを着て清掃活動に励みました。
http://terakho2.sblo.jp/article/183520181.html


そして、いよいよトップ 2へ
第2位 「産学連携 Toiroプロジェクトによるオフィス・リノベーション」
金沢工業大学のToiroプロジェクト(建築デザイン学科・建築学科)の3年生と連携して小松電業所様のオフィス・リノベーションを進めさせていただきました。
11月の内覧会では、地元のメディア(TV、新聞)を中心にその模様が報道されました。
http://terakho2.sblo.jp/article/184416866.html
http://terakho2.sblo.jp/article/184971382.html


では、第1位の発表です!
第1位 「外国人技能実習生の受け入れ」
当社も10月よりベトナムより2名の外国人技能実習生(20代男性)を受け入れました。溶接の技能だけでなく日本の文化にも慣れ親しんでもらうように接しております。
当社においてもカルチャーの違いを実感しながら、刺激を受けています。
P1010577.JPG
(2018-12-8 忘年会にて)
http://terakho2.sblo.jp/article/184876865.html


というわけで、本年もいろいろなことがありましたが、来年も様々な企業活動を通じて社会に貢献しつつ、自らも発展して参りたいと思います。

それでは、皆様もよいお年をお迎えください。

posted by terakoh's bloger at 20:36| Comment(0) | 日記

2018年11月15日

防火避難訓練を実施いたしました

今週は秋季全国火災予防運動(火災予防週間)に当たっています。(11月9日-11月15日)

当社も防火避難訓練を実施いたしました。(11月14日 9:30-10:00)
初期消火活動を模擬で実施し、非常ベルを鳴らして一斉に避難をいたしました。
避難場所に集合し、全員の無事が確認されました。
DSCF9860-2.JPG

その後、消火器の使用に慣れておくために水消火器を用いた消火訓練を実施いたしました。
DSCF9857-2.JPG

今回は当社の消防設備を点検していただいている業者さんから初期消火の注意点や避難経路の考え方などご教示いただきました。
まず火災を起こさないということが大前提ですが、これを機会により的確な動きができるよう、心して参りたいと思います。
posted by terakoh's bloger at 17:11| Comment(0) | 社内行事